お互いの好みが会うとき

お付き合いをする場合に重要になるのが、好みや価値観が近いかどうかです。やはり
近い・同じだとお付き合いは、順調に行きやすいと言えます。芸能人の破局のニュー
スでは、よく価値観の違いが原因なんて言葉がよく聞かれます。お付き合いする前に、
好みや価値観を知ることは、必ず必要です。
しかし、好みや価値観が違っていても、その相手がスキということはあります。恋愛
は、理性だけでするものではないので、もしスキになったヒトと好みで違いがあって
も、まずはうまくお付き合いできるよう頑張る気持ちをまずは持ちましょう。
そして、次のことを試していきましょう。
1.自分の好み・価値観を押し付けない
誰でめ自分の好みや価値観を、相手より優先して大事にしたり、主張したりします。
時には自分のものが一般常識かのように・・・そうした態度は、相手に反感の気持ち
を持たせたり、あなたを嫌う原因となります。まずは、自分の好みばかりを押し付け
ないようにしましょう。
2.相手の話を聞く
相手が、自分の好みを受け入れない場合には怒るくせに、相手の好みは受け入れない
なんていうヒトは、案外大勢います。受け入れるかどうかは別にして、まずは話を聞
くという姿勢が大事です。すぐ反論ばかりしていたら、相手はますますあなたから離
れていくでしょう。案外話を聞いているうちに、相手の好みがスキになるかもしれま
せんよ。
3.自分も多少はガマンする
ガマンは、誰でもしたくないものです。しかし、好みが違う場合には、多少のガマン
は必要です。しかし、ずっとガマンするわけではなく、今回は自分がガマンして受け
入れるから、次は自分の好みを受け入れてねというようにしたらよいのです。それが、
相手を思いやるという気持ちになっていくのです。お酒スキな彼氏とお酒飲めない彼
女がいた場合、デートがいつも居酒屋やバーばかりでは、彼女は不満が溜まります。
今回はお酒飲める所だったから、次は食事のうまいレストランにするとしたら、彼女
の不満はなくなるはずです。ガマンが実は、思いやりに繋がるということを覚えてお
きましょう。
1から3を実践できれば、好みや価値観の違いがあっても、いいお付き合いができる
はずです。またて、好みや価値観の違いは自分の視野を広げるというような前向きな
気持ちを持つことも大事です。違うということは、お付き合いを深めるきっかけにな
るかもしれませんよ。